HOME
院長紹介・医院案内
診療内容・料金表
レーザー脱毛のQ&A
交通・アクセス
トップページ > 診療内容・料金表
診療内容・料金表
このページのINDEX(目次)
料金表
形成外科保険適応項目は下記のとおりです。
  • 外傷 すり傷・切り傷・やけどなど
  • 褥創
  • 眼瞼下垂症
  • 逆まつ毛
  • 陥没乳頭
  • 腋臭症(わきが)
  • ケロイド・傷跡修正
  • できもの・いぼ・ホクロの切除
  • 陥入爪(巻き爪)。
  • 耳介形成(耳垂裂)
  • ニキビ
  • 肝斑
診療内容
(1) しみ治療 No1
■ビタミン注射

ビタミンCを直接静脈に注射することにより、体内への吸収を高め、より美白効果を実感して頂くことができます。月1〜2回の施術をお勧めします。

■美白クリーム

洗顔後に、顔全体(目・口は避けて)・又は気になる部分にご使用して頂くことで、角質を滑らかにし、透明感のあるお肌に導きます。ご使用方法は、朝晩2回/日、洗顔後に塗布してください。しみはもちろん、お肌のくすみ、炎症後の色素沈着にも有効です。 濃いしみが気になる方は、レーザー治療との併用をお勧めします。

■内服薬

レーザーでは治療の難しい肝斑のための内服や、しみの予防・出来てしまったしみに対しての内服を処方いたします。(保険診療可)医師の指示に従って内服してください。

(2) しみ治療 No2
■レーザー治療

しみには様々な種類があります。
外部(紫外線や刺激など)からできたしみや、内部(体質やホルモンバランスの乱れなど)からできたしみ、そばかす、あざ、ほくろなど、しみの種類により、深さ・再発率も異なり、施術方法・施術回数・施術期間も変わってきます。医師の診察後、しみの種類に合ったレーザーを使用し、照射していきます。痛みには個人差があるため、痛みに敏感な方は事前に麻酔のテープの使用をお勧めします。施術後は医師の指示に従ってお手入れして頂きます。施術後はもちろん、日頃からの日常のケアにも心掛けてください。気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

■レーザー治療とは?

特殊な波長の光で、しみ・あざ・そばかすの原因となっているメラニンや異物などを選択的に破壊するので、傷をつくらず短期間で治療することができます。又、真皮のコラーゲンを再生させるため、毛穴の開き・くすみ・小じわ・ニキビ肌など美肌の治療にも有効です。

レーザー治療の流れ
(1)

診察
患者様のお悩み・お肌の状態を診させていただいてから治療方法を決めていきます。

(2)

治療前
あらかじめ施術部位のお化粧は落としておいてください。治療前の過度の日焼けにはご注意ください。レーザー後のトラブルの原因になります。

(3)

レーザー治療
初めての方は狭い範囲に試験的にレーザーをあて、治療に慣れていただくことがあります。痛みは個人差が大きいのですが、痛みに敏感な方は事前に麻酔にテープを貼られることをお勧めします。

(4)

治療後
1〜2時間程度軽い刺激を感じることがありますが、自然と消えていきます。治療したその日から入浴は可能で、翌日からはお化粧も可能です。治療後のお手入れは医師の指示に従ってください。日焼けをしないように日焼け止めの使用をお願いします。

費用について

治療の範囲で多少異なりますが、1回のしみ治療なら1,620円〜で、お顔全体の美肌治療なら8,640円です。
 また診察料・薬剤費などは、別途必要となります。(お手持ちの薬剤があれば使用して頂いてもかまいません。)
 保険適応の場合がございますので、保険証をご持参のうえご相談ください。

(3) 美顔治療 レーザーフェイシャル

メラニン色に吸収される波長のレーザーをお顔全体(部分的)に照射します。
レーザー照射時の痛みはほとんどありませんので、通常麻酔は必要ありません。
回数を重ねることで徐々に色素を除去し、しみ・そぱかすを薄く、お顔全体のトーンを明るくします。この波長のレーザーは脱毛効果もあり、お顔全体の産毛も同時に処理・脱毛されます。レーザー照射により、毛根周囲で生じる炎症反応は皮脂腺に存在する殺菌作用もあり、ニキビの予防にも効果的です。また毛根部分の皮膚の深い部分での反応は、リフトアップ・肌のハリとして実感でき、さらに産毛のなくなったハリのある肌では、毛穴・ニキピ跡の凸凹が目立だなくなる効果もあります。

ワンポイントアドパイス

☆ レーザー後は皮膚のバリア機能が一時的に低下しますので、皮膚をこするなどの刺激や紫外線には十分気をつけてください。
☆ レーザー後バリア機能が低下している皮膚に、ビタミンC入りの基礎化粧品をご使用されますと、より効果的に美肌・美白効果が期待できます。

(4) たるみ治療 タイトニングレーザー

皮膚の深いところまで熱エネルギーを伝達するヤグレーザーを照射し、肌の奥に働きかけることで、肌にハリを与え、キメを整え、しわを改善させる、リフトアップ効果のあるレーザーです。 機器は、米国キャンデラ社の最新型GentleMAX-PRO(ジェントル・マックス・プロ)のNd:YAGレーザーを使用します。 皮膚の深部まで到達したレーザー光は熱エネルギーに変換され、皮膚の真皮層を加温します。 レーザー光の刺激により、皮膚を活性化、肌のコラーゲン量を増加させ、結果的に肌にハリを与えキメを整え、小じわの改善も得られます。また、毛細血管にも反応するため、赤ら顔や毛細血管拡張も軽減します。健康的な肌の状態を保たせる新しい治療法です。 効果は個人差がありますが、治療直後からハリやふっくら感などの効果を実感される方もいます。しわやたるみに関しては、月に1回の間隔で5〜6回以上治療を継続されることでより高い効果を期待できます。赤ら顔は、3〜6回程度が治療回数の目安になります。 ダウンタイムが無いため、気軽にお受けいただけます。

タイトニングレーザーをお勧めする症状
◯こじわ、たるみの改善
皮膚の深部に到達したレーザー光の刺激により、肌のコラーゲン量を増加させ、小じわ、たるみを改善します。
◯キメ、ハリの改善
皮膚の深部に到達したレーザー光は、真皮のコラーゲン産生を促し、肌の内 側からキメを整え、ハリのある肌に導きます。
◯赤ら顔、毛細血管の拡張
レーザー光が皮下の毛細血管にも反応するため、赤ら顔や肌の赤みも軽減します。
(5) しわ治療

しわは、
1.皮膚表面の陥没
2.深部組織の萎縮
3.組織全体のたるみ などが原因で発生します。

■ヒアルロン酸(ノーマル)

皮膚深くに注入することにより、お肌のはりをだし、深くなったしわを目立たなくします。1〜2ケ月で分解されますが、治療を繰り返していくうちにお肌のはりが回復され効果が持続します。なじみがよく、しこりを残さない利点があります。

■ヒアルロン酸(ロング)

ヒアルロン酸分子の重合により拡散・吸収が少ないため、半年〜1年効果が持続します。
形態を整える効果がありますので鼻を高くするプチ整形にも効果的です。
アメリカのFADから効果や安全欧を承認された製品を使用しています。
*ヒアルロン酸注入部位…法令線・眉間・額・目の下・目尻・口周りなどその他気になる部位がございましたら、診察時にお申し付け下さい。

■ボトックス注射

目をしかめたり、笑ったりするとできる表情じわ(目尻・眉間・額など)に有効です。注射をして筋肉の動きを止めることにより、表情じわが改善・消失します。
半年ほどで効果がうすれてきますが、治療を持続することにより、くせをなくしてしわをできにくくします。加齢とともに深くなっていくしわの進行を予防することができます。またボトックスは、多汗症の治療や顔痩せにも効果的です。

(6) プラセンタ注射

美肌・冷え性・生理不順・肩こりなど幅広い効能が魅力
〜体の中から若返るアンチエイジング注射〜
プラセンタとは胎盤から抽出したエキスのことであり、豊富な栄養素に加え、体細胞を活性化させる成分が含まれています。最近では、化粧品にも含まれているため認知度も上がってきましたが、医療用のプラセンタは全て厚生労働省の認可を受けた安全なヒト胎盤エキスを使用しています。プラセンタエキスの注射によって細胞の組織、臓器、肌を若返らせます。ここ数年、プラセンタ注射によるアンチエイジング効果が脚光を浴びています。また免疫力増進、滋養強壮や精神安定などの効果もあると言われています。
週1回の定期的な注入をお勧めいたします。

(7) メディカルダイエット
■サノレックス(食欲抑制剤)

サノレックスとは…
過食によって太ってしまう…それはわかっていてもついつい食べ過ぎてしまう。
それを抑えるのが『サノレックス』です。食欲中枢に作用し、満腹中枢を刺激する事により空腹感を軽減させます。ダイエットを無理なく成功させるための補助的な役割をするものです。※血液検査要

■ゼニカル(脂肪分吸収阻害剤)

ゼニカルとは…
食べた脂肪分の吸収を抑制する薬です。脂っこい食事の前にゼニカルを飲んでおくと、摂取カロリーを大幅にカットできます。飲み忘れた時は食後に飲んでも構いません。

(8) 瞼の手術について
■埋没法

メスを使わずに糸だけで二重を実現します。腫れも少なく、手術時間も30分程度です。糸を二重のラインに埋め込むだけの手術になりますので、元に戻ってしまう可能性があります。逆に元に戻すことも可能です。

■全切開法

ご希望の二重のライン上を切開し、余分な脂肪を除去しますので、すっきりとした自然な二重を実現することができます。

■眼瞼下垂

先天的眼瞼下垂の方や、長年コンタクト使用されている方、加齢のため瞼が垂れ下がってしまった方など、弱まった瞼の筋肉を短縮することにより、目を開けやすくします。保険診療です。

■瞼のたるみ取り

二重のライン上を切開し、余分な皮膚を取り除きます。たるみを取り除くことで若返りを実現します。

■目の下のたるみ取り

目の下を切開し、たるんだ筋肉を元の位置に戻し余分な皮膚を取り除きます。たるみを取り除くことで若返りを実現します。

Copyright © 2010 Sasaki Clinic. All Rights Reserved.