しみ治療(アレックスレーザー)

気になるしみや太田母斑、外傷性刺青や入れ墨(黒色)などに部分的にレーザーを照射します。
※レーザー適応外の場合もございます。

◎ レーザー治療の流れ

1 診察
レーザー照射が可能であるか診断します。 しみ部分のお化粧をあらかじめ落としていただけると診察がスムーズに行えます。
薄いしみや境界がはっきりしないしみ、くすみや黒ずみが多い方や処置後のテープが貼れない方などはレーザーフェイシャルをお勧めする場合がございます。
また、しみ以外にもくすみや黒ずみが気になる方はレーザーフェイシャルを同時に行うこともできますのでご相談ください。
2 レーザー照射
レーザー照射中は目を閉じていてください。輪ゴムで弾かれるような痛みがあります。
照射時間は照射範囲により異なりますが、およそ2~3分で終了します。
3 レーザー照射後
照射部位に軟膏を塗りテープで保護します。
照射部位は、しばらくの間赤みや腫れ、軽いやけどのような痛みがありますが自然と消失していきます。
まれに皮下出血を起こすことがございます。
4 レーザー照射後の管理
軟膏とテープを処方いたします。かさぶたが取れるまで約1週間から2週間(体のしみの場合は約3〜4週間かかる場合があります。)
1日2回(朝・晩)の洗顔後に軟膏とテープの貼り替えをお願いします。軟膏は多めに塗布するようにしてください。
かさぶたが取れたら軟膏とテープを中止し、外出時には日焼け止めを使用するようにしてください。

※かさぶたはすごく薄いです。しみが真っ黒に見えたり、茶色く色がついたように見えたりします。

☆ 注意点

・治療後約1ヶ月目よりしみ部分に色がついてきますが、レーザー照射による炎症後の色素沈着なので4・5ヶ月から1年かけて少しづつ消えていきます。

・治療から半年以上経過してもしみが残っているようでしたら2回目の照射を行います。(費用別途要)

・再発の可能性はありますので気になれば再度レーザーを照射することができます。(費用別途要)

料金

直径0.5cm未満 1,650円~